04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2018年2月18日(日)8:57

キビの春植え始まる/伊良部

農家豊作を願う


サトウキビの春植えに励む農家=16日、伊良部

サトウキビの春植えに励む農家=16日、伊良部

 サトウキビ収穫が真っ盛りの中、伊良部では16日、キビの春植えが始まった。キビ生産農家は、植え付け機に乗り、一定の長さに切断したキビの苗を植え付け、豊作を願っていた。

 この日は佐和田恵立さん(83)が春植えに着手した。植え付け面積は30㌃で今後拡大していく。

 佐和田さんは「今期に春植えすると、来年の2月か3月ごろには収穫する。一つの例として、昨年7月から8月に夏植えしたキビの収穫時期とほぼ同じとなる」と説明した。

 その上で「春植えのキビは夏植えのキビと比べて反収(10㌃当たりの収量)は少ないが、糖度が良い」と期待した。

 伊良部地区さとうきび生産組合では、これまでキビ生産目標7万㌧の増産に向け取り組みを強化。重点目標の一つに春植え・株出しの肥培管理の徹底を挙げている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!