07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
教育・文化
2018年2月28日(水)8:55

「仕次ぎ」の継承、発展へ/泡盛古酒・秘蔵酒コン初開催

仕次ぎ古酒などの香りや味わいなどを審査する品質評価員=27日、那覇市の沖縄国税事務所

仕次ぎ古酒などの香りや味わいなどを審査する品質評価員=27日、那覇市の沖縄国税事務所

国税事務所など 


 【那覇支社】泡盛古酒の伝統的な熟成方法「仕次ぎ」の継承・発展を目的にした「泡盛仕次古酒・秘蔵酒コンクール」(主催・沖縄国税事務所、県工業技術センター、県酒造組合など)の品質評価会が27日、那覇市の沖縄国税事務所別館で始まった。同コンクールは今回が初開催で、一般応募で書類審査を通過した91人が、家庭で貯蔵や熟成させた自慢の泡盛128点を出品している。
 

 品質評価会は、親酒に5回以上継ぎ足して熟成させた「伝統仕次ぎ古酒」(親酒の貯蔵年数が15年以上、継ぎ足しは年1回以内)、親酒に3回以上継ぎ足した「フリースタイル仕次ぎ古酒」(貯蔵年数5年以上)、15年以上継ぎ足しなしで貯蔵した「秘蔵酒」の3部門で実施する。
 

 19人の専門家で構成する評価員が、銘柄の隠された泡盛をテイスティングしながら、「香り」や「味わい」「残香」などの品質を、5段階評価で採点する。
 

 28日も引き続き評価会が行われ、品質優秀と認定された泡盛の出品者には、4月25日に県立博物館・美術館で、感謝状と記念品が贈呈される。
 

 脇本利紀沖縄国税事務所長はあいさつで「仕次ぎした泡盛が消費者に高く評価され、県内外をはじめ、広く海外でも、より一層地位を高めていくよう期待したい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!