06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2018年4月7日(土)8:58

1玉100円で特売へ/10日「とうがんの日」PR

あたらす市場で開催


会見でトウガンをアピールする下地実行委員長(中央)、真壁部会長(右)、重田副部会長(左)=6日、あたらす市場

会見でトウガンをアピールする下地実行委員長(中央)、真壁部会長(右)、重田副部会長(左)=6日、あたらす市場

 「宮古地区とうがんの日(4月10日)」キャンペーンが10日にJAファーマーズマーケットあたらす市場で開催される。当日はトウガン1玉(2㌔前後)を100円で特売し、1人2玉を限定に2000玉を即売する。とうがんの日実行委員会の下地保造実行委員長(JAおきなわ宮古地区本部長)らが6日午前、会見し、多くの市民に来場を呼び掛けた。

 県経済連が1998年、沖縄県産トウガンの消費拡大を図るため、4月10日を「とうがんの日」と制定し、今年で21年目。

 同キャンペーンは県・市・JA・農業関係機関が連携し、島内外の消費者へ向けて調理法を紹介し、地産地消、安全・安心な宮古島産トウガンについて広くアピールするため、消費拡大を目指すのが目的。

 10日午前8時45分から同市場前でセレモニーを開催する。同9時にトウガン即売会を開始。トウガンは今が旬。トウガンを使ったレシピの試食販売、とうがんパイなどの販売、とうがんカレーの試食、とうがん料理のレシピ配布が行われる。

 下地実行委員長は「宮古島産トウガンは平成19年2月に沖縄県より拠点産地の認定を受け、今日では全国でもトップの生産量を誇る産地となっている」と述べ、地産地消の拡大に期待を込めた。

 とうがん専門部会の真壁恵修部会長、重田康行副部会長が同席した。

 宮古地区営農振興センターによると、宮古全体の2016年度トウガン実績は生産量810㌧、販売高1億3700万円。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!