06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
社会・全般
2018年4月20日(金)8:55

沖縄全島でエンターテインメント産業を/吉本興業、大﨑洋社長

沖縄国際映画祭の開幕前に、インタビューに答える吉本興業の大﨑洋社長=19日、那覇市

沖縄国際映画祭の開幕前に、インタビューに答える吉本興業の大﨑洋社長=19日、那覇市

 【那覇支社】「島ぜんぶでおーきな祭」をキャッチフレーズに第10回沖縄国際映画祭が開幕した19日、吉本興業の大﨑洋社長が宮古毎日新聞のインタビューに応じた。大﨑社長は、「無我夢中で10年が過ぎたが、まだ道半ば。沖縄の全ての島をエンターテインメント産業を創出する場所にしていければ」と語った。

 初めて沖縄を訪れたのは40年近く前という大﨑社長。「宮古島にはマンタを見に何度も行っています。サバニも乗りましたよ」と笑顔で語る。市内の映画館、よしもと南の島パニパニシネマについても、「日本最南端の映画館に吉本が関わっている。楽しいじゃないですか」と屈託ない。

 10回目を迎える沖縄国際映画祭については「映画やテレビ、月刊誌やフリーペーパーの人も、ビーチサンダルでビール片手に集まる。そんな中で、(これまでと)違う体制が生まれる土台になればと思っています」と語る。そして、「全社員、全ての芸人さんと一緒にやってきました」と力を込めた。

 今月9日に開校した、県内初のエンターテインメント総合専門学校、「沖縄ラフ&ピース専門学校」(那覇市松尾)については、「世界で注目を浴びているのはアニメとゲーム。そこから始めて沖縄を自立させていきたい。私たちも、やれることがあると思います」と強調した。 

 宮古や八重山などへの想いは「暮らしたことがないので偉そうなことは言えないですが、離島に住む人の苦労を日本全体で共有することが大切。暮らしぶりや喜び、悩みのようなものを少しでも共有できればと思っています」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!