06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
政治・行政 社会・全般
2018年4月27日(金)8:57

医療充実、海域取締りなど要請/離島・過疎地域振興協

富川副知事(左から2人目)に要望書を手渡す外間会長(右から2人目)=26日、県庁

富川副知事(左から2人目)に要望書を手渡す外間会長(右から2人目)=26日、県庁

 【那覇支社】県離島振興協議会と県過疎地域振興協議会の外間守吉会長(与那国町長)らは26日、県庁に富川盛武副知事を訪ね、離島医療の充実や宮古・八重山周辺海域の取り締まり強化など104項目を盛り込んだ要望書を提出した。富川副知事は「県は離島の問題を重要な政策の中に位置付けており、全力で対応したい」と話した。

 外間会長が提出した「2018年度離島・過疎地域に関する要望事項」には、市町村共通要望の11項目に加え、北部や南部、宮古など県内5地区からの要望として計93項目が盛り込まれている。

 このうち宮古地区では、宮古島市が下地島空港・周辺用地利活用の推進や県営宮古広域公園の早期整備など12項目、多良間村は国営事業の推進や農業農村整備など6項目をそれぞれ要望している。

 富川副知事は「沖縄経済は好調に推移しており、離島にも浸透するようにしたい。宮古・石垣は観光客が増えた他方では、いろいろな課題が浮上しており、丁寧に対応していきたい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!