04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2018年10月26日(金)9:00

温浴施設事業化へ一歩/天然ガス利活用検討委

事業主体者を公募/年度内に優先権者確定へ


今年度に事業計画などについて事務局から説明を聞く委員ら=25日、市役所平良庁舎

今年度に事業計画などについて事務局から説明を聞く委員ら=25日、市役所平良庁舎

 2018年度第1回宮古島市天然ガス資源利活用事業化検討委員会(委員長・長濱政治副市長)が25日、市役所平良庁舎で開かれた。今年度の事業計画などを事務局が説明。天然ガスに付随する温泉水を活用した温浴施設の事業化実現を目指す最初の具体的な取り組みとして、事業主体者の公募を11月に実施し、年度内に優先権者を確定させることなどを確認した。

 宮古島市は、城辺保良の天然ガス試掘井戸から採取される温泉水を活用した温浴施設の整備を目指す基本計画を17年度に策定。今年度は事業化実現に向け、施設の事業主体者を民間から公募し、提出される事業計画などの審査、選考を行い、事業主体者となる優先権者を選定する。

 そのほかの事業化実証の継続事業としては、温泉水を活用した水産業の陸上養殖事業化の検討、天然ガス資源活用事業の広域展開に向けた環境整備についての検討などを実施する。

 農業分野での実証として昨年度は温泉水の熱を活用したハウスでのオクラ栽培を行ったが、今年度は天然ガスで発電した電気を利用した冷凍コンテナでのレタスなどの葉物野菜栽培を行う。

 昨年度から実施している温泉水を活用した足湯の実証も継続する。

 第1回委員会では、事務局が今年度の事業計画や実証事業の内容などを説明。温浴施設の事業主体者の公募については、公募への参加を希望している企業がいることなどを紹介した。

 長濱副市長は、温浴施設の事業化を実現させるためには現在ある天然ガス井戸1カ所だけでは不十分で、もう1カ所は必要との認識を表明。一括交付金が活用できる期間内に県の予算で整備したい考えを示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!