02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
産業・経済
2019年1月17日(木)9:00

寄港143回、42万人来島/18年クルーズ船実績

前年比13回、10万人増/乗客乗員数は中国が最多


18年に最も多く宮古島に寄港したスーパスタージェミナイ号=2018年4月30日、平良港漲水地区のバース

18年に最も多く宮古島に寄港したスーパスタージェミナイ号=2018年4月30日、平良港漲水地区のバース

 2018年1月から12月までの1年間に宮古島へクルーズ船が寄港した延べ回数は143回、乗客、乗員を合わせた延べ寄港者数は42万6777人となり、17年の寄港回数130回を13回、寄港者数32万1750人を10万5027人上回ったことが16日、市観光商工部のまとめで分かった。乗客乗員数の国別では中国が多かった。

 18年は最大で224回の寄港が予定されていたが、台風やしけの影響によるキャンセルが31回、船会社都合によるキャンセルが50回の計81回のキャンセルがあった。

 寄港回数を月別に見ると、最も多かったのは5月の21回、次いで8月の18回、7月と9月の16回。最も少なかったのは12月の3回、次いで2月の5回、1月と11月の6回。

 乗客、乗員を合わせた寄港人数が最も多かったのは、寄港回数も最多だった5月で6万2808人、次いで8月の6万521人、7月の5万4608人。最も少なかったのは寄港数も最少の12月の7464人で、12カ月の中で唯一、1万人に達しなかった。

 寄港数は前年比10%増だったのに対し、寄港人数は33%の増となったことから、前年と比べ船が大型化してきていて、1回の寄港で来島する人数が増えていることが分かる。

 18年の寄港人数を乗客、乗員別に見ると、乗客が万8764人(67%)、乗員は13万8013人(33%)だった。

 船別に寄港状況を見ると、寄港回数が最多となったのはスーパスタージェミナイ号の50回、次いでワールドドリーム号の24回、スーパースターアクエリアス号の23回となる。

 寄港した乗客乗員数の多さを国籍別で見ると、トップは中国で17万6462人、2位は台湾で5万6494人、3位は香港で2万5384人だった。

 19年は1月16日現在で186回の寄港が予定されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!