06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
産業・経済
2019年3月31日(日)8:59

新ターミナル開業/みやこ下地島空港

成田から初便迎える/経済振興、交流促進期待


くす玉を割りターミナルの開業を祝う式典参加者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

くす玉を割りターミナルの開業を祝う式典参加者=30日、みやこ下地島空港ターミナル

 下地島空港にジェットスター・ジャパンの成田-下地島定期便の運航がスタートした30日、初便到着前の午前8時からみやこ下地島空港ターミナルの開業式典がターミナルビル入り口で開かれた。同ターミナルを運営する下地島エアポートマネジメントの伴野賢太郎社長をはじめ下地敏彦市長など関係者が多数、参加し、くす玉を割って新ターミナルの開業を祝った。

 式典で伴野社長は同日について「開業式典という喜ばしい日であると同時に、運営会社である下地島エアポートマネジメントにとってはスタートの日」と語った。

 今後については「みやこ下地島空港ターミナルというステージを、より多くの人に利用してもらえるように下地島空港の運営に携わる人と連携を図りながら、社員一同、研さんしていきたい」との思いを示した。

 来賓あいさつでは県文化観光スポーツ部の新垣健一観光政策統括監が「このたびの開業は宮古圏域のみならず、県全体の観光、経済の活性化に大いに寄与するものと期待している」などとする玉城デニー県知事のあいさつを代読した。

 同じく来賓あいさつで下地市長は「ターミナル開業を機に、これから下地島空港にさまざまな地域から航空便が離発着し、市のさらなる経済振興、交流促進が図れるものと期待している」と述べるとともに、同ターミナルが宮古の新たな空の玄関口として発展することにも期待を示した。

 最後にターミナルの開業を祝して、伴野社長と来賓でくす玉を割った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!