07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
社会・全般
2019年4月17日(水)8:55

事業活動計画を承認/沖縄宮古民謡協会が総会

協会の発展を祈念して乾杯する会員ら=14日、那覇市

協会の発展を祈念して乾杯する会員ら=14日、那覇市

 【那覇支社】沖縄宮古民謡協会(佐和田方恒会長)の2019年度定期総会・懇親会が14日、那覇市内で開かれ、19年度予算案や事業活動計画案などを満場一致で承認したほか、会員相互の親睦と宮古民謡・舞踊のさらなる発展、継承を確認し合った。

 総会後の懇親会で、佐和田会長は「総会をスムーズに終了することができ、感謝したい。これから1年間、役員一同、一生懸命に頑張って活動に取り組みたい。会員には一致団結した温かい気持ちで支えてほしい」とあいさつした。

 来賓として、沖縄宮古郷友連合会の福里栄記会長(代読・下地正幸専務理事)が、7日に開催した「第回芸能まつり」への支援・協力に感謝した上で、「協会の今後ますますの活性化と隆盛を心から祈念したい」と祝辞を述べ、協会顧問の兼島恵孝さんや来間武男さんの音頭で乾杯した。

 舞台は、協会加盟の民謡・舞踊研究所による「とうがにあやぐ」「大世栄」「池間の主」で幕を開けた。余興では舞踊の「根間ぬ主」や「宮古豊年音頭」が華やかに披露され、会場の雰囲気を盛り上げた。フィナーレは、参加者全員で「漲水のクイチャー」を賑やかに踊り、互いの飛躍を誓い合った。

 総会では、19年度予算・事業活動計画のほか、18年度事業活動・決算・監査報告も承認した。同協会によると、3月31日現在の加盟研究所(舞踊、太鼓、琴含む)は69団体、会員総数が351人で、うち理事(師範・教師など)99人、一般会員252人となっている。

 19年度の事業活動計画は以下の通り。

 ▽第5回とうがにあやぐ大会(4月21日、宮古島市カママ嶺公園)▽第40回民謡コンクール(7月14日、豊見城市中央公民館)▽第24回芸能祭(9月22日、浦添市てだこ大ホール)-を主催。そのほか、▽第43回全国育樹祭アトラクション(12月15日、沖縄コンベンションホール)▽第回さんしんの日(20年3月4日、会場未定)▽20年度定期総会(同4月12日、マリエールオークパイン那覇)-などの開催・賛助出演を予定。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!