07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
社会・全般
2019年5月4日(土)9:00

大野山林で散策/きょうみどりの日

親子60人が自然観察


散策しながら自然を観察する参加者=3日、大野山林

散策しながら自然を観察する参加者=3日、大野山林

 4日はみどりの日。自然に親しむとともにその恩恵に感謝し,豊かな心を育むのが趣旨。宮古島では大野山林や、いこいの森など周辺野林で森林浴をしながら、ウオーキングやジョギング、散策を楽しむ市民も多い。県立宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)は3日、大野山林を散策しながら自然を観察する「ようこそ、森の教室へ!」を開催。約60人の親子が野鳥のさえずりを聞きながら緑の大切さを実感した。

 宮古島の森林率は16・4%で、大野山林がその約%を占めるという。

 安慶田所長は、宮古島の山林は40年前と比べ約半分に減少したことを紹介した上で「大野山林でいろいろな生き物に出会えると思う。自然や樹木のことを考えながら、この散策を機に理科の勉強などいろいろなことに役立ててほしい」とあいさつした。

 大野山林に初めて入る子ども向けの簡単なネイチャーゲームとして、おもちゃのクモやトカゲなどをあらかじめ職員が配置し、その偽物探しと共にいろいろな本物の生物を観察した。

 散策の途中で、樹上で休むインドクジャクの姿を見たり、植物の葉の形を観察したりした。

 参加した池田茉白ちゃん(6)は「いろいろな物を見ることができて、とても楽しかった。また参加したい」と笑顔だった。

 みどりの日 1948年に制定された国民の祝日の昭和天皇誕生日が、昭和天皇の崩御により「みどりの日」となり(89年制定)、2005年5月成立の改正祝日法により、07年から5月4日が「みどりの日」に、4月29日は「昭和の日」となった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!