10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
政治・行政
2019年7月28日(日)8:56

硬度低減化施設が復旧/市上下水道部

原因特定し、運転再開


会見を開き、復旧を発表する長濱副市長(中央)ら=27日、市役所平良庁舎

会見を開き、復旧を発表する長濱副市長(中央)ら=27日、市役所平良庁舎

 26日早朝から機能停止となっていた水道水の硬度低減化施設が27日、全面復旧した。原因を特定し、26日午後6時30分ごろから一部運転を再開したという。長濱政治副市長が27日、市役所平良庁舎で会見を開き、「市民の皆さんには心配をお掛けした。硬度は今後、低下していく」と述べた。 

 影響地域は城辺地区を除く、市全域の2万4570世帯(4万9400人)。城辺地区は加治道浄水場があるため、影響を受けなかった。

 障害が発生したのは26日午前4時ごろ。年1回の定期電気保守点検作業を行ったところ、制御盤にエラーが発生した。

 同日中にはメーカーから技術者が来島し、復旧に向けた作業を実施。電源モジュールに原因があることを特定した。

 他の水源地の部品を代用して、午後6時30分ごろから3台中2台の処理施設が稼働した。翌27日には残り1台の部品が届き、午後4時には3台が稼働する状況に回復した。

 水の硬度は26日午後9時には原水と同じ250ミリグラム/リットルになったが、27日午前9時には200ミリグラム/リットルまで下がった。全面復旧直後の午後4時には180ミリグラム/リットルとなったという。

 硬度が高くなる影響としては、口当たりが変わることや洗濯の際には泡立ちが悪くなるという。

 会見には上下水道部の兼島方昭部長、松原直樹次長兼課長が同席した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!