04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
教育・文化
2019年7月30日(火)8:57

「神のバトン賞」に平良さん(狩俣中3年)

若林君(宮高3年)は高校の部佳作


作品「今日は雨の番」で「神のバトン賞」を受賞した平良りんさん(左)と、作品「不自由」で佳作に入賞した若林凌賀君=28日、那覇市の琉球新報社

作品「今日は雨の番」で「神のバトン賞」を受賞した平良りんさん(左)と、作品「不自由」で佳作に入賞した若林凌賀君=28日、那覇市の琉球新報社

 【那覇支社】県内の小中高校生を対象にした詩の賞「第17回神のバトン賞」(琉球新報社主催)の表彰式が28日、那覇市泉崎の同本社で開かれた。宮古島市からは、最高賞の「神のバトン賞」に中学の部で平良りんさん(狩俣中3年)の「今日は雨の番」が選ばれた。高校の部では、若林凌賀君(宮高3年)の「不自由」が佳作に入賞した。2人には、同社の松元剛編集局長から表彰状と副賞が贈られた。

 同賞は、県出身の詩人・山之口貘生誕100年を記念顕彰し、未来の詩人誕生への期待を込めて2003年に創設されたもの。

 表彰式で、松元編集局長は「ぜひ、これからも詩を書き続け、感性を伸ばし、山之口貘のような優れた詩人になってほしい」と生徒らを激励した。選考委員で山之口貘賞受賞者の詩人、市原千佳子さんと、トーマ・ヒロコさんが選考経過を報告した。表彰式に出席した10人による作品の朗読も行われ、会場から大きな拍手が送られた。

 「神のバトン賞」を受賞した平良さんは「受賞の知らせを聞いたときには驚いた。詩の表現技法に工夫を凝らして作ってみた。これを機会に詩を書き続けていきたいと思う」と、笑顔で話した。

 また、佳作に入賞した若林君は「(今回は)『不自由』で受賞したので、今度は『自由』について書いてみたいと思う」と、今後の意気込みを語った。

 表彰式には2人を指導した狩俣中の神里那美教諭と、宮高の久高直人教諭がそれぞれに同伴し、生徒らとともに受賞を喜んでいた。

 今回の応募作品総数は978編(高校の部123編、中学校の部405編、小学校高学年の部436編、小学校低学年の部14編)で、このうち3編が「神のバトン賞」に、8編が「佳作」に入賞、計11作品が受賞作品に選ばれた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!