06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
社会・全般
2019年8月2日(金)8:56

「防ごう電気事故」/啓発キャラバン隊出発

8月は使用安全月間


広報活動に出発するキャラバン隊=1日、沖縄電力離島カンパニー宮古支店

広報活動に出発するキャラバン隊=1日、沖縄電力離島カンパニー宮古支店

 全国一斉に実施される「電気使用安全月間」(8月1~31日)の月間運動に伴う、電気安全啓発キャラバン隊の出発式(主催・宮古電気工事業協同組合)が1日、沖縄電力離島カンパニー宮古支店で行われ、関係者が期間中における電気の正しい知識と安全使用のPRを誓い合った。

 キャラバンでは、沖縄電力離島カンパニー宮古支店、沖電工宮古営業所、沖縄電気保安協会、宮古電気工事業協同組合の車両4台で、宮古島市全域を回り、電気の安全使用の宣伝、広報を実施した。

 出発式で、沖縄電力離島カンパニー宮古支店の徳嶺一宏支店長が「このキャラバンは電気の安全使用に対する知識と理解を深めるための取り組み。この取り組みを通して電気事故の怖さと防止の必要性を広く啓発してほしい」とあいさつした。

 宮古電気工事業協同組合の友利勇栄理事長は「電気は日常生活、産業活動に不可欠なエネルギーであると同時に、取り扱いを誤ると危険を伴い、時には尊い命や大切な財産も失う。利用者に正しい知識をPRするためにパレードを通して、幅広い活動を展開していこう」と訴えた。

 また、徳嶺支店長、友利理事長とも、厳しい暑さが続いていることから、熱中症に気を付けて活動を行うことも呼び掛けた。 

 同月間における実施項目は▽地域社会に視点を置いた電気安全使用に関する啓発指導▽感電防止装置・避雷器の取り付け推進▽不良電気設備の改修工事▽電気安全啓発キャラバン隊の実施-などを掲げている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!