04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2019年8月15日(木)8:58

歩道整備工事に着手/大道線

国家公務員宿舎前道路


国家公務員宿舎のフェンスが撤去され2メートルの歩道が整備される=14日、大道線の国家公務員宿舎前

国家公務員宿舎のフェンスが撤去され2メートルの歩道が整備される=14日、大道線の国家公務員宿舎前

 宮古島市が進める大道線(2工区)道路改築事業は今年度、道路の狭隘(きょうあい)が指摘されていた国家公務員宿舎前部分への歩道整備に着手する。現在はフェンスがある部分が撤去され、2メートルほど拡張されるという。同事業は2012年度に事業化され21年度の事業完了を見込む。総事業費は約19億円で、18年度末現在の進捗(しんちょく)は45・5%(事業費ベース)となっている。

 大道線はファミリーマート東仲宗根店のある東環状線との交差点を起点として、国家公務員宿舎のある国道390号線(バイパス)との交差点を終点とする総延長1890メートルの幹線道路。整備が進められているのは県道190号線(新里線)からバイパスまでの延長890メートル間で整備が進めば道路幅員は15メートルに拡張され、道路両側に歩道も整備される。

 整備は2工区に分かれており、1工区は新里線交差点からサンエーカママヒルズ店前交差点、2工区は同交差点から国家公務員宿舎前まで。今月からの工事は道路の狭隘が指摘されている2工区の国家公務員宿舎前の道路で約70メートルの長さで歩道を整備する。

 市都市計画課では「現状で交通量も増加しており、車が行き交うと歩行者が通れないこともある。安全確保の観点からも早期に整備する必要があると考えている。予算の関係もあるため、できる所から随時対応していきたい」と話した。

 一方、市では同事業に向けて19年度予算として県に2億7200万円を要望したが決定額は390万円だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!