10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年8月15日(木)8:58

歩道整備工事に着手/大道線

国家公務員宿舎前道路


国家公務員宿舎のフェンスが撤去され2メートルの歩道が整備される=14日、大道線の国家公務員宿舎前

国家公務員宿舎のフェンスが撤去され2メートルの歩道が整備される=14日、大道線の国家公務員宿舎前

 宮古島市が進める大道線(2工区)道路改築事業は今年度、道路の狭隘(きょうあい)が指摘されていた国家公務員宿舎前部分への歩道整備に着手する。現在はフェンスがある部分が撤去され、2メートルほど拡張されるという。同事業は2012年度に事業化され21年度の事業完了を見込む。総事業費は約19億円で、18年度末現在の進捗(しんちょく)は45・5%(事業費ベース)となっている。

 大道線はファミリーマート東仲宗根店のある東環状線との交差点を起点として、国家公務員宿舎のある国道390号線(バイパス)との交差点を終点とする総延長1890メートルの幹線道路。整備が進められているのは県道190号線(新里線)からバイパスまでの延長890メートル間で整備が進めば道路幅員は15メートルに拡張され、道路両側に歩道も整備される。

 整備は2工区に分かれており、1工区は新里線交差点からサンエーカママヒルズ店前交差点、2工区は同交差点から国家公務員宿舎前まで。今月からの工事は道路の狭隘が指摘されている2工区の国家公務員宿舎前の道路で約70メートルの長さで歩道を整備する。

 市都市計画課では「現状で交通量も増加しており、車が行き交うと歩行者が通れないこともある。安全確保の観点からも早期に整備する必要があると考えている。予算の関係もあるため、できる所から随時対応していきたい」と話した。

 一方、市では同事業に向けて19年度予算として県に2億7200万円を要望したが決定額は390万円だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!