04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2019年8月17日(土)8:56

離着陸訓練を実施/キャセイが下地島空港で

17エンド側から着陸するボーイング777-300=15日、下地島航空

17エンド側から着陸するボーイング777-300=15日、下地島航空

 香港を拠点としているキャセイパシフィック航空は15日、下地島空港で2回目の離着陸訓練(タッチアンドゴー)を行った。訓練は前回とは逆に北側の「17エンド」と呼ばれるエリア側から着陸し、滑走路の南側に向けて離陸するコースで実施された。

 今回の訓練で使用された機材はボーイング777-300型機(通称トリプルセブン、全長73・9メートル、全幅60・9メートル、座席数398席)。同機は長距離路線機材とされ、日本では日本航空(JAL)や全日空(ANA)が運航させている。

 キャセイパシフィック航空によると下地島空港は滑走路が3000メートルと長いので大型機の離着陸訓練に適しているという。

 この日は香港から午前10時に到着し、3時間30分間の間タッチアンドゴーを繰り返して午後1時30分に香港へ向けて飛び立った。次回は26日に予定している。

 同空港では海上保安庁や航空局、琉球エアーコミューター(RAC)なども訓練を行っている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!