09/30
2022
Fri
旧暦:9月5日 先勝 丙 
教育・文化
2019年8月23日(金)8:59

市貝町から児童12人来島

交流都市締結後初めて/伊良部島で民泊、きょう交流会


栃木県市貝町から来島した児童ら=22日、市役所平良庁舎

栃木県市貝町から来島した児童ら=22日、市役所平良庁舎

 2017年に宮古島市と交流都市を締結した栃木県市貝町から小学生12人が22日、締結後、初めて宮古島を訪れた。児童らは伊良部島で民泊しながら、23日は磯釣り体験や伊良部島小学校・中学校(結の橋学園)の児童らとの交流会に参加する。

 宮古島市と市貝町はサシバ(国際保護鳥)が縁で交流都市となった。市貝町の自然豊かな里山はサシバの繁殖地で、伊良部島は国内有数の飛来地。市貝町は東京都の北約100㌔、栃木県南東部に位置し、人口は約1万2000人。美しい里山があり、これまでに「サシバの里」の商標登録、マスコットキャラクター「サシバのサッちゃん」、道の駅は「サシバの駅いちかい」と名付けるなど、サシバを用いた活性化策を行っている。市貝町からの働き掛けがあり、両市町はサシバを仲立ちとして年月に交流都市を締結している。

 来島した児童は市貝町の市貝、赤羽、小貝の3小学校の5、6年生。児童らは22日、市役所平良庁舎を訪問し、宮國博教育長にあいさつした。宮國教育長は児童らを歓迎し、暑さ対策をアドバイスするなど、なごやかに懇談した。

 その後、伊良部島に移動し、渡口の浜で海水浴を楽しんだ。23日は磯釣り体験、結の橋学園の5年生と交流、なまり節工場の見学などを予定している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!