04/25
2024
Thu
旧暦:3月16日 赤口 戊 
教育・文化
2019年8月23日(金)8:59

市貝町から児童12人来島

交流都市締結後初めて/伊良部島で民泊、きょう交流会


栃木県市貝町から来島した児童ら=22日、市役所平良庁舎

栃木県市貝町から来島した児童ら=22日、市役所平良庁舎

 2017年に宮古島市と交流都市を締結した栃木県市貝町から小学生12人が22日、締結後、初めて宮古島を訪れた。児童らは伊良部島で民泊しながら、23日は磯釣り体験や伊良部島小学校・中学校(結の橋学園)の児童らとの交流会に参加する。

 宮古島市と市貝町はサシバ(国際保護鳥)が縁で交流都市となった。市貝町の自然豊かな里山はサシバの繁殖地で、伊良部島は国内有数の飛来地。市貝町は東京都の北約100㌔、栃木県南東部に位置し、人口は約1万2000人。美しい里山があり、これまでに「サシバの里」の商標登録、マスコットキャラクター「サシバのサッちゃん」、道の駅は「サシバの駅いちかい」と名付けるなど、サシバを用いた活性化策を行っている。市貝町からの働き掛けがあり、両市町はサシバを仲立ちとして年月に交流都市を締結している。

 来島した児童は市貝町の市貝、赤羽、小貝の3小学校の5、6年生。児童らは22日、市役所平良庁舎を訪問し、宮國博教育長にあいさつした。宮國教育長は児童らを歓迎し、暑さ対策をアドバイスするなど、なごやかに懇談した。

 その後、伊良部島に移動し、渡口の浜で海水浴を楽しんだ。23日は磯釣り体験、結の橋学園の5年生と交流、なまり節工場の見学などを予定している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!