04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2019年9月3日(火)8:56

障がい者雇用の拡大を/宮古島市、ハローワーク

商工会議所で要請行動


下地市長(中央)が障がい者の雇用促進に係る要請書を下地会頭に手渡した。右は伊福所長=2日、宮古島商工会議所

下地市長(中央)が障がい者の雇用促進に係る要請書を下地会頭に手渡した。右は伊福所長=2日、宮古島商工会議所

 宮古島市の下地敏彦市長と宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古)の伊福美香所長は2日午前、宮古島商工会議所に下地義治会頭を訪ね、会員企業に障がい者雇用の維持と拡大を働き掛けるよう要請した。下地会頭は「できるだけ多く採用できるように努力を続けていきたい」と答えた。

 ハローワーク宮古によると、宮古地区の障がい者実雇用率は5・83%と県全体の2・73%を上回り、法定雇用率を達成している企業の割合も66・7%と県全体の57・7%と比べて高い。

 宮古管内の景気の高揚に伴う人手不足の影響や民間企業における理解の促進のほか、官民連携の雇用対策などが奏功している。

 市とハローワークは、こういった雇用環境の維持と拡大を求めて要請行動を展開した。要請は宮古島商工会議所で行われ、下地市長が要請書を読み上げた。

 管内の実雇用率、法定雇用率達成企業の割合ともに前年度より改善しているとしながらも、「障がいのある方が意欲と能力を最大限に発揮し、働くことによって社会に貢献できるよう雇用の場を確保することは重要な課題だ」とし、雇用の維持はもとより、その機会の拡大に向けて会員企業に働き掛けるよう求めた。

 これに下地会頭は「会員企業にお願いし、多くの人を採用できるように努力を続けていきたい。この要請書も会員企業に配布し、対応していく」と障がい者の実雇用率アップに向けて協力していく考えを示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!