04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
教育・文化
2019年9月14日(土)8:59

勇壮な獅子舞奉納

豊年満作 盛大に祝う
上区自治会


勇壮な獅子舞いが奉納され豊年満作を盛大に祝った=13日、城辺の上区公民館

勇壮な獅子舞いが奉納され豊年満作を盛大に祝った=13日、城辺の上区公民館

 城辺の上区自治会(喜屋武則吉会長)は旧暦8月15日に当たる13日、上区公民館(與那覇敏一館長)で祈願祭・共進会・豊年祭を開催した。多くの住民らが参加。勇壮な獅子舞いを下里添神社に奉納し、豊年満作を盛大に祝った。


 下里添部落は1921(大正10)年に二字に分かれ、下里添上区と下里添下区となった。

 上区公民館前にある下里添神社は、昨年の旧暦8月15日の十五夜に落成式が挙行された。今年の旧暦8月15日でちょうど1年を迎え、参加者らは気持ちを新たにした。

 祈願祭の礼拝式では、大祓や祝詞奉上などの儀式が執り行われた。

 與那覇館長は「上区自治会の豊年祭は、長い年月にわたり継続している、恒例の伝統行事であり、豊年満作の祈願祭を祝うとともに総合共進会を兼ねた盛大なお祭りである」と式辞。

 その上で「野菜、葉タバコなどの生産は、城辺地区内でも上位である。畜産部門は宮古地区では常に上位にあり、目覚ましい活躍を成し遂げている」と述べた。

 次いで喜屋武会長が農産物生産実績で優秀な成績を収めた農家59人に賞状を贈呈した。
 上区の獅子舞いは、市の無形民俗文化財に指定されている。力強い舞いは、参加者らを魅了した。
 特設舞台では、趣向を凝らした多彩な演目が披露され、参加者らは楽しいひとときを過ごした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!