06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
教育・文化
2019年9月21日(土)8:55

飛行機の誘導体験

砂川小で航空教室/JTA


スクリーンの映像を見て飛行機の誘導を体験する児童たち=20日、砂川小学校体育館

スクリーンの映像を見て飛行機の誘導を体験する児童たち=20日、砂川小学校体育館

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は20日、砂川小学校(濱川宗和校長)で「空の日」にちなんだ航空教室を開催した。体育館には四つのブースが設置され、ランプ(駐機場)のブースでは児童たちが大型スクリーンに映し出された映像の飛行機に向かってパドルという道具を上げたり、広げたりして飛行機の誘導を体験した。

 同教室では幼稚園から6年生までの67人が4グループに分かれて各ブースで空港の業務について体験学習を行った。

 ランプブースの他に、旅客ブースではパイロットやキャビンアテンダントの制服を着て気分を味わったり、搭乗時刻アナウンスをしたりした。

 整備・業務ブースでは床に張った滑走路目がけて紙ヒコーキを飛ばして楽しんだ。管制官のブースでは、空の安全を守る業務を学んだ。

 狩俣希さん(2年)は「空港の仕事は全部大変だと思ったが、アナウンスというやりたい仕事が見つかって良かった」と感想を発表した。

 空の日は1940年に制定された「航空日」が始まりで、41年の航空関係省庁間協議において9月20日に決定した。92年、国民により親しみやすいネーミングにということで「空の日」に改称された。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!