06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
社会・全般
2019年9月23日(月)8:56

屋根修繕、長期化か/市総合体育館

フロア中央は当面使えず


フロア中央部15㍍四方にわたって雨漏り対策用のブルーシートが敷かれている=22日、市総合体育館

フロア中央部15㍍四方にわたって雨漏り対策用のブルーシートが敷かれている=22日、市総合体育館

 台風13号の直撃を受けて屋根の一部が吹き飛ばされた市総合体育館の修繕に時間を要しそうだ。市教育委員会によると、2、3カ月はかかる見通し。現状は雨漏り対策のブルーシートが敷かれていてフロアの中央部は使えない。修繕作業と並行して中央部が使えるかどうかは不透明な状況。

 体育館の屋根の一部は暴風にあおられて吹き飛ばされた。内部から屋根を見上げると、ぽっかりと穴が開いた状態で空が見える。

 体育館を管理する市スポーツ協会は、当面の措置としてフロア中央部の15㍍四方にわたってブルーシートを敷き、雨漏り対策を講じている。水がたまっては抜く作業を続けているが、ここ数日間は「抜いたそばからたまる」という状況だ。

 市教委によると、業者との協議で屋根の修繕には2、3カ月はかかる見通しだという。この間、卓球やバドミントンなどのサークル活動は可能だが、フロアの全面が使用できるかどうかは今後の修繕作業の進め方によるものとみられる。

 すでに、台風前に予約を入れていたいくつかの団体には「使用できない」旨を伝えている。しばらく全県的な大会など大きなイベントは入っていないが、修繕作業が長引くと支障は避けられそうもない。

 市総合体育館は、もともと大規模改修に着手する予定だったが、今回の台風被害を受けて、建て替える方針に切り替えている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!