09/29
2022
Thu
旧暦:9月4日 赤口 乙 
社会・全般
2019年9月27日(金)8:57

毛髪寄贈を呼び掛け/宮古ライオンズクラブ

子供たちにかつら提供/市内の美容院に協力要請へ


毛髪の提供を呼び掛ける平戸会長(中央)と安元徹好会計(右)、ライオンズクラブ国際協会337-D地区沖縄リジョンの新山広明リジョン・チェアパーソン(左)=25日、宮古ライオンズクラブ事務局

毛髪の提供を呼び掛ける平戸会長(中央)と安元徹好会計(右)、ライオンズクラブ国際協会337-D地区沖縄リジョンの新山広明リジョン・チェアパーソン(左)=25日、宮古ライオンズクラブ事務局

 宮古ライオンズクラブ(平戸新也会長)は25日、同クラブ事務局で会見を開き、「ヘアドネーション活動」への協力を呼び掛けた。

 ヘアドネーションとは、寄付された髪だけで作ったメディカル・ウィッグを頭髪に悩みを抱える歳以下の子供たちに完全無償提供する取り組み。

 会見で平戸会長は「先天性無毛症や小児がんによる治療や副作用などで頭髪を失った子供たちのかつらを作るための取り組み。今後、市内の美容院に協力を求め、一般の方々の髪の毛を寄付してもらい、かつらの材料を確保していく。協力店には店内にポスターを張ってもらい、この活動の普及を図っていきたい」と意気込みを示した。

 対象となる毛髪は、「16~31㌢未満」と「31㌢以上」の2種類で、同クラブによると1人用のかつらを作るのに31㌢の毛髪が30人分必要としている。

 協力の手順としては、美容院が提供者に提供の意思を確認。毛髪の束ね方など条件に従ってカットし、袋に入れ提供者の氏名などを記入し、同クラブに連絡すれば、後日受け取りに行くとしている。

 日本では、毎年2000~2500人の子供たちが小児がんと診断され、治療の副作用で頭髪を失うことがあり、悲しみやショックを受けているという。

 そうした状況を受け、ライオンズクラブでは全県的な取り組みとして「ヘアドネーション活動」を展開している。

 平戸会長は「少しでも子供たちの力になりたい。そのためにも美容院の皆さんに協力を呼び掛けるとともに、提供してくれる多くの方の支援をお願いしていきたい」と述べた。

 提供された毛髪は、無償提供の活動を展開している「ジャパンヘアドネーション&チャリティー」に届けられる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!