10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
教育・文化
2019年9月27日(金)8:55

組踊300年の歴史触れる/教育普及事業

鏡原中でワークショップ


組踊で演奏される5楽器の役割や効果などについて紹介されたワークショップ=26日、鏡原中学校

組踊で演奏される5楽器の役割や効果などについて紹介されたワークショップ=26日、鏡原中学校

 2019年度「組踊等教育普及事業」による組踊ワークショップ(主催・県教育委員会教育庁)が26日、鏡原中学校で行われた。全校生徒が参加し、組踊の300年の歴史や誕生のきっかけのほか、演奏される楽器の音響効果や活用方法について学んだ。

 ワークショップでは、県立芸術大学琉球芸能専攻OB会のメンバーが、三線、箏、太鼓、胡弓(こきゅう)、笛を演奏しながら、組踊におけるそれぞれの楽器が果たす役割について紹介した。

 司会は、宮古島市出身で同OB会の川満香多さんが務め、組踊の魅力について紹介した。

 今回のワークショップでは、組踊の三つの構成要素(音楽、唱え、琉球舞踊)のうち、「音楽」を取り上げて5種類の楽器がどの様に舞踊の中で表現されているかについて学んだ。

 三線については、歌と一緒に登場人物の心の動きや感情表現する要素となっていること、胡弓は、歌や三線の旋律を演奏で追いながら引き立てていることが説明された。

 後半は、生徒たちが実際に楽器に触れてその音色を体感するとともに、楽器としての魅力を感じていた。

 この取り組みは、楽器を通して「琉球古典音楽」に親しみを持ち、さらに「組踊」について多くの生徒に関心を持ってもらうことを目的に実施されており、宮古では今回が初めてとなる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!