10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年10月13日(日)8:59

宮古題材に四コマ漫画

くこりもや利用者の長濱さん
作品集出版目指す


作品を手にする長濱さん=10日、就労移行支援事業所くこりもや

作品を手にする長濱さん=10日、就労移行支援事業所くこりもや

 NPO法人マーズ就労移行支援事業所「くこりもや」(下地克子所長)の利用者で、発達障害を持つ長濱笑美さん(28)が、宮古を題材にした四コマ漫画を描いている。作品は2年間で100本以上にのぼるという。下地所長は多くの人に読んでもらおうと、作品集を出版する作業を進めている。


 長濱さんは3歳から絵を描き始め、子供の時は漫画家を目指していた。通信教育で絵を学び、自宅で腕を磨いてきたという。

 作品作りでは、下地所長が動物や方言など大まかなテーマを決定。長濱さんはインターネットなどで情報収集し、イメージが湧くとすぐにペンを走らせる。

 執筆活動は自宅で行っており、内容や色つけ、せりふの書き込みもすべて一人でこなす。1週間に2、3本を仕上げるペースで描いているという。

 内容は宮古の新聞やテレビで報道されている問題を積極的に取り込んでいる。農作物の被害があるクジャクの繁殖や、宮古馬の虐待報道問題などもネタにしている。

 長濱さんは「描くことが楽しくて続けている。調べてから描くので時間は掛かるけど、頑張っている。本ができて宮古島の人が読んでくれたらうれしい」と話した。

 下地所長は「持っている素晴らしい才能を伸ばしてあげたい。執筆活動を今後も支援していきたい」と期待した。「施設で飼っている琉球犬が次のテーマにいいのではと2人で話している」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!