06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
社会・全般
2019年10月19日(土)8:57

小学校も次年度稼働

学校空調設備
学級増で再び工期延長

 市内小学校の空調(冷房)設備工事の工期が再び延び、実際の稼働が次年度に持ち越される。当初の計画では今月15日前後の稼働を予定していたが、学級数の増加を理由に工期を延長。中学校同様に、今年度内の稼働は事実上見送られる。


 空調は、もともと2学期から稼働する計画で進められていた。ところが、国の労務単価の改定に伴う単価の入れ替え作業等に時間を要し、入札が遅れた。これにより、8月末の段階で小学校は10月15日前後、中学校は来夏に持ち越される計画に改められていた。

 だが、今年度の学級数が増えたことで工期を再び見直した。前年度の設計段階では166室だったが、9月下旬までの調整で12室増えていることが分かり、工期延長の手続きを取らざるを得なかったという。

 改めた工期は大規模校の1工区が今月28日まで。そのほかの学校の2工区は18日までとなった。二つの工区を終えた上で検査を入れるため、今月中の空調使用は不可能となった。

 市が空調設備の運用方針に定めた稼働期間は5月1日から10月31日で、11月からは原則として使用することができない。従って小学校での稼働も次年度以降になることが確定した。

 市教育委員会の担当課は取材に対して、「今年度内の稼働を目指して取り組んできたが、結果として期間内に間に合わすことができなかった。子どもたちに快適な環境を提供できずに申し訳ない」としている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!