05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
政治・行政
2019年10月20日(日)8:57

稲田幹事長代行が講話

自民党宮古支部
政経パーティーを初開催


政経パーティーで登壇した稲田幹事長代行=19日、市内のホテル

政経パーティーで登壇した稲田幹事長代行=19日、市内のホテル

 自由民主党宮古支部政経パーティー(主催・同支部)が19日、市内のホテルで初開催された。特別ゲストとして元防衛大臣の稲田朋美幹事長代行を招き、安全保障問題について講話。会場には多くの支持者らが集まり、支部の発展を誓った。


 登壇した稲田幹事長代行は「米と中国の経済摩擦が安全保障上の緊張関係に発展した場合、その最前線になるのは沖縄や宮古島だ。21世紀の最大の課題である中国とどう付き合うのかが今、突きつけられている」と強調。「宮古島の支部がしっかりしていることが、日本を守ることにつながる。皆さんの意見を聞いて、自民党の政策に反映させたい」と語った。

 自民党県連第四支部長の西銘恒三郎衆院議員は「来年6月の県議選では何としても大多数を取らねばならない。沖縄のあるべき姿を取り戻そう。現場主義に徹している自民党に誇りを持ち、宮古支部がますます発展し、活発になることを心より祈念する」と期待を込めた。

 来賓の下地幹郎衆院議員(日本維新の会の国会議員団副代表)は「市長を中心に保守王国を作った。自民党は宮古の政治を発展させる大きな原動力だ。発展させる歴史よりも弱者をなくす歴史がこれから必要だ。多くの人が自民党に期待している」と述べた。

 主催者を代表して棚原芳樹支部長は「自民党を愛する市民のおかげで今日までこれたことを感謝する。保守系市議18人が団結して県議選、市長選に臨んでいく。なお一層のご指示、ご支援をお願いしたい」とあいさつした。

 市議会の佐久本洋介議長の発声で乾杯し、支部のさらなる発展を誓った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!