09/25
2022
Sun
旧暦:8月30日 先勝 辛 
社会・全般
2019年10月29日(火)8:59

特定集団健診がスタート/宮古島市

11月16日までの17日間/市、積極受診呼び掛け


例年よりも2カ月遅れでスタートした特定集団健診=28日、七原コミュニティーセンター

例年よりも2カ月遅れでスタートした特定集団健診=28日、七原コミュニティーセンター

 宮古島市の2019年度特定健診、長寿健診および基本健診、がん検診の集団健診(保健センター、公民館で実施)が28日、七原コミュニティーセンターでスタートした。会場には受付時間前から多くの住民が訪れ、血圧測定やレントゲンなどそれぞれの健康状態を確認した。今回は、例年に比べて大幅に実施期間が縮小していることから、市国民健康保険課では積極的な受診を呼び掛けている。

 19年度の集団健診は、11月16日までの17日間。例年の29日間程度と比べても10日以上減っている。

 これは、これまで市から委託を受けて集団健診を実施してきた県健康づくり財団宮古支所が昨年末に宮古から撤退したことが要因。

 それに伴い、沖縄本島からのスタッフ派遣に伴う渡航費の増加や日程の調整も難しくなり、前年度よりも実施日数が大幅に減少した。

 日数が大幅に減少することから、今回は台風シーズンを避けて例年より2カ月遅い10月下旬からのスタートとなった。

 今回は実施日数が少ないことから午前だけでなく午後も健診を実施するほか、同課では「日数が少ないので、実施地域にこだわらず都合の合う日程で実施している場所で受診してほしい」と呼び掛けている。

 さらに「すでに市内の17カ所の登録医療機関でも個別健診を実施しているので、集団健診だけでなく個別健診も活用してほしい」と訴えた。

 市の17年度特定健診の受診率(確報値)は35・5%ととなり、前年度比で3・8ポイントの大幅減となった。2年連続で県平均(39・1%)を下回ったほか、全県でも41市町村中39位となり、同制度スタート以来過去最低の順位となっている。

 特定健診の受診率が下がると国からの交付金も減ることになり、市においては1人当たりの保険税にも影響が及ぶことから、同課では積極的な受診を呼び掛けている。

 特定健診についての問い合わせは、市国民健康保険課保健事業係(72・4704)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!