09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
政治・行政
2019年11月5日(火)8:58

「国の責任で復興目指す」/衛藤晟一沖縄相

首里城で現場視察


被害状況の視察後、記者団の質問に答える衛藤晟一沖縄担当相=4日、首里城公園内

被害状況の視察後、記者団の質問に答える衛藤晟一沖縄担当相=4日、首里城公園内

 【那覇支社】衛藤晟一沖縄担当相は4日、首里城の火災現場を視察した。焼失した首里城正殿、北殿、南殿などの被害状況を視察した衛藤沖縄担当相は、「改めて大きなショックを受けた。一刻も早く修復計画に取り組まなければならない」と力を込めた。政府、内閣が一丸となり「国を挙げて、修復に取り組む」とも述べ、予算措置なども「国立公園なので、国の責任で行う」と語った。

 視察後、記者団の質問に答えた衛藤担当相は、「30年余りの歳月を掛けて、ようやく再建修復した首里城正殿などが、ほぼ全焼したことを間近に見て、被害の大きさを改めて痛感した」と語った。

 その上で、「首里城は歴史、文化、伝統を凝縮したものだ。県民には、大きな心の痛手になったことを大変、心配している」と話し、「関係閣僚も全員、一致した考えなので、一日も早い復興を目指す考えだ」と強調した。

 復興にかかる予算措置については、「具体的に詰めてはいないが、必要な予算があれば、必ず計上するという総理、内閣の一致した考えがある」と説明した。補正予算を組むのか、次年度予算に組み込むかなどの具体的な内容については今後、具体的に検討することなどを話した。

 玉城デニー知事が「2022年までに、再建計画をまとめたい」とする意向であることに対して、衛藤担当相は「当然、県とも十分に協議しながら、復興にかかる設計や、がれきの撤去作業も同時に進めていく」と述べた。

 衛藤担当相によれば、警察、消防などの捜査の関係で、担当相自身も首里城正殿がある「御庭(うなー)」へ入る最後の門である「奉神門」の内階段から視察を行った。全体の被害状況の説明などは、首里城公園管理事務所の鈴木武彦所長が行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!