04/25
2024
Thu
旧暦:3月16日 赤口 戊 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2019年11月19日(火)8:54

【行雲流水】(紙風船)

 『紙風船』。「落ちてきたら/今度は/もっと高く/もっともっと高く/何度でも打ち上げよう。 美しい/願いごとのように」。黒田三郎の詩で、教科書に掲載され、フォークグループ「赤い鳥」がヒットさせた曲の元歌でもある


▼ある校長は「校長室便り」に書いている。「紙風船も願い事もこわれ易く高みにずっといることはできない。紙風船は自然に落ちてくるし、願い事はそれほど簡単には叶わない。だから、落ちて来てもあきらめず、何度でも打ちあげるもの。志を持ち、それを持続させることが大切である」

▼どこでも、いつの時代でも、正しいこと、望ましいことがすんなりと受け入れられるとは限らない。むしろ困難を伴うことが多い。「自由」や「平等」の理想も、粘り強く求めて勝ち取られるものである

▼不条理な状況に置かれた沖縄であるが、願っても、願っても、状況は厳しいままである。紙風船は自然に落ちてくるが、沖縄の現実には重力の他に人為的な重しがのしかかっている。それでも沖縄は理想を見失うことはない。「美しい願い事」は、核も基地もない沖縄。沖縄の伝統である「万国津梁」、すなわち「世界のかけ橋」になることである。世界に開かれた、平和で、豊かな文化を謳歌(おうか)する沖縄である

▼黒田三郎は書いている。私の小さな幸福、平和、希望を取りあげようとするものがある。「正義のために」、「祖国のために」、「平和のために」(という名目で)。そうして私は二人の兄を(戦争で)失った

▼紙風船よ、高く舞え、美しい願い事をのせて。(空)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!