07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2019年11月26日(火)8:56

相互交流で意見交換/分校設立へ長榮大と市

長濱副市長(右から3人目)と意見交換した長榮大学の関係者ら=25日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右から3人目)と意見交換した長榮大学の関係者ら=25日、市役所平良庁舎

 台湾の長榮大学の孫恵民副学長と同大学OBの呉玉山理事長ら21人が25日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、意見交換をするとともに、同大学と宮古島市との相互の交流について期待を寄せた。

 来訪したのは孫副学長、呉理事長を始め、各学部の部長や教授、OB会のメンバーら。同日就航した台湾ー下地島路線のチャーター便を利用し来島した。これまで台湾からのフライトは那覇経由となり、乗り換えの時間を含めて所要時間は約6時間ほどかかるが、直行だと約70分で来ることができるという。

 孫副学長は「宮古島市の協力のおかげで長榮大学も日本教育センターを設立することができた。将来、(宮古島に)分校を設立できるよう頑張っていきたい。今後の直行便が定期便になるよう願っている。定期便になることで台湾と宮古島がさらなる交流が深まると思う」と期待を寄せた。

 長濱副市長は長榮大学との交流や市の農業などを紹介するとともに、「宮古島にようこそ。これまで長榮大学とは交流を深めており、センターも宮古島にできた。宮古島には高校までしかなく、卒業すれば島を出て行く。分校ができれば子供たちも残って学問を進めていくことができる。お互い活性化、発展できるような関係が構築できれば」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!