05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
社会・全般
2019年11月26日(火)8:56

相互交流で意見交換/分校設立へ長榮大と市

長濱副市長(右から3人目)と意見交換した長榮大学の関係者ら=25日、市役所平良庁舎

長濱副市長(右から3人目)と意見交換した長榮大学の関係者ら=25日、市役所平良庁舎

 台湾の長榮大学の孫恵民副学長と同大学OBの呉玉山理事長ら21人が25日、市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、意見交換をするとともに、同大学と宮古島市との相互の交流について期待を寄せた。

 来訪したのは孫副学長、呉理事長を始め、各学部の部長や教授、OB会のメンバーら。同日就航した台湾ー下地島路線のチャーター便を利用し来島した。これまで台湾からのフライトは那覇経由となり、乗り換えの時間を含めて所要時間は約6時間ほどかかるが、直行だと約70分で来ることができるという。

 孫副学長は「宮古島市の協力のおかげで長榮大学も日本教育センターを設立することができた。将来、(宮古島に)分校を設立できるよう頑張っていきたい。今後の直行便が定期便になるよう願っている。定期便になることで台湾と宮古島がさらなる交流が深まると思う」と期待を寄せた。

 長濱副市長は長榮大学との交流や市の農業などを紹介するとともに、「宮古島にようこそ。これまで長榮大学とは交流を深めており、センターも宮古島にできた。宮古島には高校までしかなく、卒業すれば島を出て行く。分校ができれば子供たちも残って学問を進めていくことができる。お互い活性化、発展できるような関係が構築できれば」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!