05/24
2024
Fri
旧暦:4月17日 友引 戊 
社会・全般
2019年12月5日(木)8:55

年賀はがき1万6000枚贈呈

56社が協賛、全児童生徒へ
「いっぱい出そう」キャンペーン


佐和田社長(前列中央)らが年賀はがきを贈呈した=4日、市役所城辺庁舎

佐和田社長(前列中央)らが年賀はがきを贈呈した=4日、市役所城辺庁舎

 「次世代を担う子供たちへ年賀はがき贈呈式」が4日、市役所城辺庁舎で行われた。年賀はがき1万6333枚を協賛企業の代表が市教育委員会の宮國博教育長に手渡した。市内の小中学校の全児童生徒に配布される。


 郵便局は子供たちの伝える力やコミュニケーション力を育むことを目的に「年賀状をいっぱい出そう!」キャンペーンを企画。今回は社が賛同したという。

 贈呈式には協賛者を代表してシグマの佐和田はるか社長、縁(えにし)の前里直也社長、島三産業の島尻早知子専務が出席した。

 受け取った宮國教育長は「年賀状は残してもらいたい文化だ。児童生徒5600人に配りたい。子供たちもきっと喜ぶと思う。本当にありがとう」と感謝した。

 佐和田社長は「年賀状は表現力が培われ、思い出を残すことができる。小中学生に体感していただき、この文化を大事にしてもらいたい」と意義を語った。

 池間郵便局の古謝進局長は「企業スポンサーの子供たちに対する温かい思いやりに深く感謝している。人材育成や豊かな情操教育につながるような活動をしていきたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!