10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2019年12月14日(土)8:57

首里城復元に1069万円/大米グループが義援金贈呈

「地元企業として協力」


玉城デニー知事(左から4人目)に義援金の目録を手渡した大米建設の仲本靖彦社長(同3人目)ら=13日、県庁

玉城デニー知事(左から4人目)に義援金の目録を手渡した大米建設の仲本靖彦社長(同3人目)ら=13日、県庁

 【那覇支社】大米グループ(下地米蔵会長)は13日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、火災で焼失した首里城復元に向けた義援金としてグループ企業10社から1000万円と役職員から69万300円、合計1069万300円の義援金目録を手渡した。

 グループを代表して贈呈式に出席した大米建設の仲本靖彦社長は「県民はもとより、日本国民の皆さんが首里城再建に向けて協力している中、われわれも地元企業の一員としてお役に立てればと思っている」と首里城復興への思いを託した。

 義援金のうち、役職員からのものはグループ内574人から募ったという。大米建設の担当者は「役職員としても首里城の復興に協力したいということで自発的に始まったもの。少しでもお役に立てれば」と話していた。

 義援金の贈呈を受けた玉城知事は「連日多くの方々が首里城の復旧、復興、復元に向けて頑張ってほしいという気持ちを届けていただいており、本当に感謝している」と述べた。

 その上で、今後について「県の基本方針を早めにまとめ、県民の考えや意見をしっかり政府に届けて、互いが協力して一日も早い復元に向けて取り組んでいけるよう進めていきたい」と意気込みを話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!