06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
社会・全般
2019年12月14日(土)8:57

首里城復元に1069万円/大米グループが義援金贈呈

「地元企業として協力」


玉城デニー知事(左から4人目)に義援金の目録を手渡した大米建設の仲本靖彦社長(同3人目)ら=13日、県庁

玉城デニー知事(左から4人目)に義援金の目録を手渡した大米建設の仲本靖彦社長(同3人目)ら=13日、県庁

 【那覇支社】大米グループ(下地米蔵会長)は13日、県庁に玉城デニー知事を訪ね、火災で焼失した首里城復元に向けた義援金としてグループ企業10社から1000万円と役職員から69万300円、合計1069万300円の義援金目録を手渡した。

 グループを代表して贈呈式に出席した大米建設の仲本靖彦社長は「県民はもとより、日本国民の皆さんが首里城再建に向けて協力している中、われわれも地元企業の一員としてお役に立てればと思っている」と首里城復興への思いを託した。

 義援金のうち、役職員からのものはグループ内574人から募ったという。大米建設の担当者は「役職員としても首里城の復興に協力したいということで自発的に始まったもの。少しでもお役に立てれば」と話していた。

 義援金の贈呈を受けた玉城知事は「連日多くの方々が首里城の復旧、復興、復元に向けて頑張ってほしいという気持ちを届けていただいており、本当に感謝している」と述べた。

 その上で、今後について「県の基本方針を早めにまとめ、県民の考えや意見をしっかり政府に届けて、互いが協力して一日も早い復元に向けて取り組んでいけるよう進めていきたい」と意気込みを話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!