05/18
2024
Sat
旧暦:4月10日 先勝 辛 
社会・全般
2019年12月17日(火)8:59

搭乗橋3基すべて更新/宮古空港

段差無くし、乗降環境向上


旅客搭乗橋がすべて更新されたことで、障がい者や高齢者の乗降環境が整備され、より利用しやすくなった=16日、宮古空港

旅客搭乗橋がすべて更新されたことで、障がい者や高齢者の乗降環境が整備され、より利用しやすくなった=16日、宮古空港

 宮古空港ターミナル(下地義治社長)の搭乗待合室から直接乗客を機内に誘導するボーディング・ブリッジ(可動式搭乗通路・旅客搭乗橋)3基のうち、2基の更新工事がこのほど完了し、16日から供用開始となった。昨年12月にはすでに1基が更新されており、今回すべて新しくなったことで、車いすやつえを利用する旅客を含め、これまで以上に乗降しやすい環境が整った。

 新しい旅客搭乗橋について、同空港ターミナルの川満勝也専務は「新しい搭乗橋はトンネル内の段差をなくしたステップレスタイプになっており、安全で快適に通行できるようになっている」と話し、障がい者や高齢者に優しい環境となっていることをアピールした。

 同ターミナルによると、これまでの搭乗橋は導入から22年が経過し、モーターならびに中央制御装置についてもメーカーの部品供給がすでに終了していることもあり、突発的な故障の際に迅速に対応できなかったという。

 今回更新した2基の工事については、国土交通省の「訪日外国人旅行者受け入れ環境整備緊急対策事業費補助金(交通サービスインバウンド対応支援事業)」が活用された。

 この補助金は5633万円で、旅客搭乗橋3基更新の総事業費は2億5350万円となっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!