10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
社会・全般
2019年12月17日(火)8:59

搭乗橋3基すべて更新/宮古空港

段差無くし、乗降環境向上


旅客搭乗橋がすべて更新されたことで、障がい者や高齢者の乗降環境が整備され、より利用しやすくなった=16日、宮古空港

旅客搭乗橋がすべて更新されたことで、障がい者や高齢者の乗降環境が整備され、より利用しやすくなった=16日、宮古空港

 宮古空港ターミナル(下地義治社長)の搭乗待合室から直接乗客を機内に誘導するボーディング・ブリッジ(可動式搭乗通路・旅客搭乗橋)3基のうち、2基の更新工事がこのほど完了し、16日から供用開始となった。昨年12月にはすでに1基が更新されており、今回すべて新しくなったことで、車いすやつえを利用する旅客を含め、これまで以上に乗降しやすい環境が整った。

 新しい旅客搭乗橋について、同空港ターミナルの川満勝也専務は「新しい搭乗橋はトンネル内の段差をなくしたステップレスタイプになっており、安全で快適に通行できるようになっている」と話し、障がい者や高齢者に優しい環境となっていることをアピールした。

 同ターミナルによると、これまでの搭乗橋は導入から22年が経過し、モーターならびに中央制御装置についてもメーカーの部品供給がすでに終了していることもあり、突発的な故障の際に迅速に対応できなかったという。

 今回更新した2基の工事については、国土交通省の「訪日外国人旅行者受け入れ環境整備緊急対策事業費補助金(交通サービスインバウンド対応支援事業)」が活用された。

 この補助金は5633万円で、旅客搭乗橋3基更新の総事業費は2億5350万円となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!