05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
産業・経済
2019年12月20日(金)8:55

天然ガス利活用向け協議

年度内に報告書まとめ/市資源事業化推進検討委


これまでの取り組みについて中間報告が行われた=19日、市役所平良庁舎

これまでの取り組みについて中間報告が行われた=19日、市役所平良庁舎

 市天然ガス資源事業化推進検討委員会(委員長・長濱政治副市長)の2019年度第2回の会議が19日、市役所平良庁舎で行われた。これまでの事業化業務と実証業務の進捗(しんちょく)状況についての中間報告が行われ、今後は来年2月に第3回目の会議を開き、年度内には事業化と実証についての報告書をまとめるとしている。

 あいさつで長濱委員長は「これまで天然ガスのいろいろな使い方について模索してきた。民間からも活用したいとの声があり、この取り組みは間違っていないと感じている。事業化に向けてしっかり協議してほしい」と呼び掛けた。

 天然ガス資源実証業務委託については、100%天然ガスを使用した発電機実証▽コンテナ植物工場実証-などを行っている。

 コンテナ植物については、栽培品種としてリーフレタス、カラシナ、バジル、ルッコラなどの栽培に取り組んでいることが報告された。

 今後まとめられる報告書については、11月に設立した市水溶性天然ガス資源利活用推進協議会の中で示されて、情報を共有していくとしている。 

 この取り組みで市では、民間企業が参入できるように地域未来投資促進法の対象枠になるような事業計画の作成を目指している。

 対象枠になると一括交付金や離島活性化推進事業、沖縄振興特定事業推進費の利用が見込めることや環境省や経済産業省の補助金を想定している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!