04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2020年1月6日(月)9:00

610人、門出華やかに/宮古島市成人式

「新時代切り開く」/新成人が誓い新た


会場前で記念撮影する新成人たち=5日、マティダ市民劇場

会場前で記念撮影する新成人たち=5日、マティダ市民劇場

 2020年宮古島市成人式(主催・市、市教育委員会)が5日、マティダ市民劇場で開かれ、610人(男性322人、女性288人)が門出を迎えた。二十歳の決意発表では新成人の代表が「愛と夢を持って新しい時代を切り開こう」「宮古島出身の誇りを忘れず、まい進しよう」などと発表した。下地敏彦市長をはじめ、多くの関係者が集まり、祝福と激励の言葉を贈った。

 式辞で下地市長は「大きな目標と情熱あふれる行動力で自らの人生を切り開き、自らの力で輝かしい未来を作り上げていただきたい」と語った。

 市議会の山里雅彦議長は「アララガマ精神で自らを奮い立たせ、頑張ることで夢はかなう。大きく飛躍することを祈念する」と祝辞を述べた。

 二十歳の決意発表では、5地区の代表が登壇した。平良代表の篠隈わか乃さんは「たくさんの経験を通して日々成長を感じている。責任感を持ち、力強く、優しく、自分らしく生きていきたい」と誓った。

 上野代表の甲斐瑞季さんは「宮古島市出身であることに誇りを持ち、感謝の気持ちとアララガマ精神を持ち続けよう」、城辺代表の狩俣魁士さんは「大人としての自覚を持ち、これからの人生を一歩一歩まい進していこう」と呼び掛けた。

 伊良部代表の伊佐浩善さんは「将来、成長した私たちが宮古島のために貢献できるようにしたい」、下地代表の津嘉山太志さんは「それぞれが選択した道を信じて進み、互いに切磋琢磨(せっさたくま)していこう」と語った。

 式典の前に行われたアトラクションでは、宮古空手道連盟の子供たちが演舞を披露。宮古島創作芸能団「んきゃーんじゅく」はエイサーで門出を祝った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!