10/06
2022
Thu
旧暦:9月11日 先勝 壬 
産業・経済
2020年1月9日(木)8:58

糖度14・71度の高品質

19-20年期キビ
宮糖多良間が操業1カ月


操業開始から1カ月を迎えた村多良間製糖工場。これまでに5628㌧の原料を搬入した=8日、多良間塩

操業開始から1カ月を迎えた村多良間製糖工場。これまでに5628㌧の原料を搬入した=8日、多良間塩

 【多良間】宮古製糖(安村勇社長)が運営する村多良間製糖工場の2019-20年期操業が8日、開始から1カ月を迎えた。これまでに5628㌧の原料(サトウキビ)が搬入され、平均糖度は14・71度と高い。基準糖度帯(13・1~14・3度)を上回る高品質を維持しており、全体の農家所得向上に期待が膨らむ。


 多良間工場は先月9日に今期操業を開始した。初日から品質は高く、基準糖度帯超えの14・58度と幸先良く滑り出していた。

 開始1カ月の原料搬入概況によると、1日平均180㌧余を搬入した計算だ。収穫方法別の搬入量は機械刈りが4071㌧、手刈りの無脱葉は1556㌧。急速に進む機械刈りの比率が全体の72・3%を占めた。

 糖度の区分別構成比を見ると、基準糖度帯を上回る原料が全体の68・43%と高品質を印象付けている。同糖度帯内は26%、同糖度帯以下の原料はわずか5・57%しかなかった。

 操業1カ月を迎え、来間春誠工場長は「平均の糖度が14・7度と前年度より1度も高い。今後15度まで上がる傾向にある」と高品質原料を強調。圧搾処理に関しては「5日から1日の圧搾量も250㌧を処理しており、今後は270㌧圧搾ができたら良い。操業が始まり1カ月が経過しているがサトウキビの質も糖度も良い実績だ」と述べた。

 多良間村では今期、2万5000㌧のサトウキビ生産が見込まれている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!