04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2020年1月9日(木)8:58

糖度14・71度の高品質

19-20年期キビ
宮糖多良間が操業1カ月


操業開始から1カ月を迎えた村多良間製糖工場。これまでに5628㌧の原料を搬入した=8日、多良間塩

操業開始から1カ月を迎えた村多良間製糖工場。これまでに5628㌧の原料を搬入した=8日、多良間塩

 【多良間】宮古製糖(安村勇社長)が運営する村多良間製糖工場の2019-20年期操業が8日、開始から1カ月を迎えた。これまでに5628㌧の原料(サトウキビ)が搬入され、平均糖度は14・71度と高い。基準糖度帯(13・1~14・3度)を上回る高品質を維持しており、全体の農家所得向上に期待が膨らむ。


 多良間工場は先月9日に今期操業を開始した。初日から品質は高く、基準糖度帯超えの14・58度と幸先良く滑り出していた。

 開始1カ月の原料搬入概況によると、1日平均180㌧余を搬入した計算だ。収穫方法別の搬入量は機械刈りが4071㌧、手刈りの無脱葉は1556㌧。急速に進む機械刈りの比率が全体の72・3%を占めた。

 糖度の区分別構成比を見ると、基準糖度帯を上回る原料が全体の68・43%と高品質を印象付けている。同糖度帯内は26%、同糖度帯以下の原料はわずか5・57%しかなかった。

 操業1カ月を迎え、来間春誠工場長は「平均の糖度が14・7度と前年度より1度も高い。今後15度まで上がる傾向にある」と高品質原料を強調。圧搾処理に関しては「5日から1日の圧搾量も250㌧を処理しており、今後は270㌧圧搾ができたら良い。操業が始まり1カ月が経過しているがサトウキビの質も糖度も良い実績だ」と述べた。

 多良間村では今期、2万5000㌧のサトウキビ生産が見込まれている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!