04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2020年1月12日(日)8:59

冬メロン 全国へアピール

島の駅みやこ 収穫大感謝祭開催


宮古島産の冬メロンを全国に向けアピールする西里駅長(左)と関係者=11日、島の駅みやこ

宮古島産の冬メロンを全国に向けアピールする西里駅長(左)と関係者=11日、島の駅みやこ

 平良久貝にある島の駅みやこ(西里長治駅長)は11日、宮古島メロン収穫大感謝祭2020を開催した。下地敏彦市長ら関係者が、赤肉で濃厚な甘みがある冬メロンを試食し「甘くておいしい」と絶賛し、全国に向けアピールした。

 島の駅みやこによると、宮古島産メロンの2019年度売上高は3200万円で、17年度の売上高1300万円と比べると2年で2倍超に急増している。今後の知名度アップによるブランド化で売上高の伸びが予想されている。

 この日はイベントを記念して全メロンが10%引きで販売された。多くの買い物客らが品定めしながら買い求めていた。数量限定のメロンが1玉100円で販売されるなど、普段より安価の品々が大好評だった。

 オープニングセレモニーには西里駅長、下地市長、JAおきなわあたらす市場の狩俣直子店長、島の駅みやこ出荷者協議会メロン部会の下地伸市部会長、宮古郵便局の國場祐郵便部長、沖縄ヤマト運輸宮古支店の眞榮平孝介支店長の6人が参加。

 西里駅長は「宮古島では冬のフルーツが今一つ盛り上がらなかった。マンゴーに次いで冬メロンがいよいよ本格出荷となった」と決意を新たにした。

 下地市長は「宮古島の冬メロンは急激にその魅力が固まりつつある。冬メロンを全国に向け盛り上げよう」と意欲を見せた。

 次いで下地部会長があいさつし、今後の冬メロンの品質向上や増産に向け気持ちを引き締めた。

 引き続きパニパニパラダイスによるライブ、「メロンを当てよう親子〇×クイズ」などが行われた。多くの親子連れや観光客らが初めてのイベントを満喫した。

 出荷時期は1期冬メロンが12月~3月、2期春メロンが3月~5月中旬ごろ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!