04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
産業・経済
2020年1月20日(月)8:59

初競り 高値スタート/JA宮古家畜市場

子牛価格は70万5000円/販売額は2億9400万円


初競りの子牛平均価格は70万5452の高値が付いた=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

初競りの子牛平均価格は70万5452の高値が付いた=19日、JAおきなわ宮古家畜市場

 JAおきなわ宮古家畜市場の2020年初競りが19日開かれ、子牛1頭平均価格は前月比7215円高の70万5452円の高値が付いた。平均キロ単価も2595円と高かった。成牛を含む全体の販売額は2億9473万円と大商い。20年の肉用牛初競りは、最高のスタートを切った。

 初競りは午前9時過ぎに始まった。1番牛に153万1200円の高値が付くと、市場は大きな歓声と拍手で沸いた。2番牛、3番牛も100万円を超えた。

 その後の競り値も高い金額で推移。最終的に初競りの子牛平均価格は70万円の大台に乗り、20年競りは上々の滑り出しを見せた。

 初競りに上場された子牛は405頭で、うち400頭の取引が成立した。平均体重は272キロだった。

 性別の1頭平均価格は去勢が前月比1万1460円安の73万6415円、雌は同比1万8091円高の64万1871円。去勢の下げを雌の売り値で補った。

 平均キロ単価は去勢が前月と比べて106円安い2642円、雌が同比12円高の2492円となり、それぞれ高い値が付いた。

 これまでに開かれた県内7市場の初競りで、前月の子牛平均価格を上回ったのは宮古と黒島のみ。素牛価格が全体的に下げている傾向の中での活況ぶりに、市場は終日活気付いた。

 成牛を含む上場頭数は462頭で取引成立頭数は455頭だった。1頭平均価格は64万7760円、平均キロ単価は2192円。

 初競りを振り返り、JAおきなわ宮古地区畜産振興センターの荷川取努センター長は「とても良いスタートが切れた。他の市場の動向から下がることも心配したが、若干だが上げたことが大きい」と話した。高値の要因としては「全体的に牛が良く、発育に優れた牛が多かったことが高値の取引につながった。1年のスタートとしては良い成績を収められた」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!