10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
産業・経済
2020年1月21日(火)8:58

インゲン出荷が本格化

日量1㌧、拠点産地品目に勢い


サヤインゲンの出荷が本格化している=20日、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷施設

サヤインゲンの出荷が本格化している=20日、JAおきなわ宮古地区農産物集出荷施設

 宮古島産サヤインゲンの出荷が本格化している。平良野原越にあるJAの集出荷場には日量約1㌧が搬入され、作業員が選別と出荷準備に追われている。今期の作柄は良く、単価も比較的高値で推移しているという。拠点産地に認定された戦略品目に勢いがある。


 宮古島産サヤインゲンは近年生産量を伸ばしている重要品目だ。本土産が出回らない時期に出荷できるとあって引き合いが強く優位性が保てる。宮古島産の収穫・出荷時期は11月末から5月中旬。主に関東方面に向けて出荷されている。

 JAによると、農家戸数は全体で約50戸。品種はグリーンワンダーとサーベルが主流となる。栽培面積は約350㌃。農家は下地に多いが、その他の地域にも広がっており、今期から伊良部も新規で加わった。

 この時期に国内市場で出回っているインゲンは沖縄産がほとんどで、3月に千葉産などが出てくるまで需要が高い市況が続く。

 JAの担当者は「1回目のピークに入ったが、単価を含めてとても良いスタートが切れている」と出足の良さを挙げ、「栽培技術の向上などサヤインゲンの伸びしろはまだまだある。将来的には100㌧以上の出荷が見込める」と話した。

 出荷量は17~18年産が93㌧、翌年はやや落ち込んだが、今期はここまで順調な出荷が続いており、計画の達成が期待される。

 宮古島産サヤインゲンはJAのあたらす市場などでも販売されている。さっとゆでて食するほかに、最近では天ぷらや生春巻きの食材として使用するレシピが徐々に浸透し、地元での消費が拡大している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!