04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2020年1月22日(水)8:59

市博物館 入館者数1万7000人

1月時点で前年度超え/企画展、ツアーコース好評


入館者が大幅に増加し、3度目の2万人台に期待が高まる市総合博物館=21日、市総合博物館

入館者が大幅に増加し、3度目の2万人台に期待が高まる市総合博物館=21日、市総合博物館

 市総合博物館(平良恵栄館長)の2019年度入館者数が今月19日現在で1万7051人となり、すでに昨年度1年間の総数1万5228人を超えた。今後も順調に推移すれば1989年の開館以来3度目の2万人を超える可能性もあるとしている。また、開館から30年間の入館者数も今年度で40万人を突破している。

 同館の入館者数は、開館した翌年度の90年度と91年度に2万人を超えたが、その後は減少傾向で推移してきた。

 その後は、1万人を下回る年度もあったが、企画展などに力を入れるなどの取り組みで2016~18年度は1万4000~1万6000人台で推移していた。

 19度は、夏場の企画展が好評で一気に入館者を増やしたほか、11月からは大手旅行会社のツアーコースに博物館が組み入れられ、11、12月とも入館者数は1600人台で推移している。

 そうした影響もあり19年度は、今月19日現在で25年ぶりに1万7000人台を突破している。

 入館者の大幅増について、平良館長は「今年度は昨年11月から大手旅行会社のツアーのコースになったほか、昆虫展などの企画展にも多くの来場があった。また、各学校の授業の一環で多くの子供たちが来館したことなども影響していると思う」と話した。

 今後も24日から第36回企画展「平成29・30年度新収蔵品展」を予定しているほか、現在の大手旅行会社のツアーも継続していくことから、3度目の2万人台にも期待が高まっている。

 平良館長は「次年度もサシバ展など趣向を凝らした企画展を計画しており、これまで以上に入館者が楽しめる博物館にしていきたい」と意欲を示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!