04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
政治・行政
2020年1月23日(木)8:58

豚コレラ、ワクチン接種へ/知事「区域は農水省と協議」

豚コレラ(CSF)対策でワクチン接種を行うと発表した玉城デニー知事=22日、県庁

豚コレラ(CSF)対策でワクチン接種を行うと発表した玉城デニー知事=22日、県庁

 【那覇支社】玉城デニー知事は22日、県庁で記者会見を開催し、豚コレラ(CSF)のワクチンについて「予防的接種を行う必要があると判断した」と発表した。23、24の両日に上京し、江藤拓農相に対してワクチン接種推奨地域への設定など、CSF感染拡大防止対策に必要な支援を要請する。

 これに先立ち、同日午後にはJAや県養豚振興協議会、県獣医師会などが出席してCSF防疫対策関係者会議が開かれた。同会議では、「野生イノシシが生息している状況では、飼養衛生管理基準の順守だけではCSFの侵入を完全に防ぐことは困難」として、ワクチンの早期接種の必要性が高いとした。

 玉城知事は、会見で「(同会議では)沖縄の養豚振興にご尽力いただいている方々、生産者の方々が(ワクチン接種の)メリット、デメリットを議論していただいた。皆さんの意思確認ができた上で、ワクチン接種を決めたのは意義がある」と強調した。

 宮古・八重山などでもワクチン接種を行うかについては「県全体が対象になるかとは思うが、農水省としっかり協議し、どのような範囲にするかを話し合っていきたい」と述べるにとどめた。

 ワクチン接種を開始する時期について、県の担当者は「具体的な実効性のあるものにしていくには、さまざまな調整がある」と述べた上で「速やかに行っていきたい」とした。

 このほか、玉城知事は「現在、4例目以降のCSF発生は確認されていないが、予断を許さない状況は続いている。引き続き、感染拡大防止対策に関係機関と一体となって取り組んでいく」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!