04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2020年1月29日(水)8:56

「バカス紙」を卒業証書に/3企業が市教委に1800枚分寄贈

友利社長(右)からバカス紙が宮國教育長に手渡された=28日、市役所城辺庁舎

友利社長(右)からバカス紙が宮國教育長に手渡された=28日、市役所城辺庁舎

 宮古島産サトウキビのバカス(搾りかす)を原料にした紙を卒業証書として使ってもらおうと、キャステム(戸田拓夫社長)など3社が28日、バカス紙約1800枚分を市教育委員会に寄贈した。

 寄贈したのはキャステム、パニパニファームキャステム(木村仁社長)、COT協進(友利正治社長)。同日、市役所城辺庁舎で行われた贈呈式に友利社長が参加し、宮國博教育長に手渡した。

 友利社長は「宮古島産のバカス紙を卒業生分、お持ちした。循環型社会の実現に寄与できればうれしい」と語った。

 受け取った宮國教育長は「大変ありがたい。卒業証書にこだわりを持つ学校もある。宮古島産の卒業証書を受け取る子供たちは幸せだ」と礼を述べた。

 宮古地区で今年3月に幼・小・中を卒業するのは計1736人という。一部の学校ではすでに卒業証書を発注しているが、それ以外の学校で寄贈されたバカス紙を使用する予定。

 今回寄贈された卒業証書用バカス紙は、宮古製糖伊良部工場のバカス3㌧を譲り受けて製紙されたという。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!