06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
教育・文化
2020年2月5日(水)9:00

川満さ んら3人最優秀/市教委

326点応募、9人入賞
「教育の日」標語・川柳


市「教育の日」標語・川柳で入賞した皆さんと宮國教育長(後列左)=4日、市未来創造センター研修室

市「教育の日」標語・川柳で入賞した皆さんと宮國教育長(後列左)=4日、市未来創造センター研修室

 市教育委員会(宮國博教育長)による市「教育の日」の標語・川柳表彰式が4日、市未来創造センター研修室で行われた。最優秀賞には、小学校の部が川満千晴さん(城辺6年)、中学校の部が濱川藍羽さん(鏡原2年)、高校・一般の部は与儀絵梨佳さん(宮高1年)の作品が選ばれ、優秀賞を含む受賞者9人に宮國教育長から表彰状が贈呈された。


 市教委は、毎年2月の第3日曜日を「宮古島市教育の日」と制定し、今年は2月16日となる。

 教育の日の啓発と機運を高めるために標語・川柳の作品を募集。今回は小学校の部に9点、中学校の部に18点、高校・一般に299点(高校279、一般20点)の計326点の応募があった。

 表彰式で宮國教育長は「今回は326作品の応募があった。これは教育に対する関心が高まっていることの証。皆さんの作品はこれから看板として掲示され、広く『教育の日』をアピールすることになる。今回の受賞を機に学び続ける気持ちを強く持って頑張ってほしい」と呼び掛けた。

 小学校の部最優秀の川満さんは「自分の作品には自信があったので最優秀に選ばれてとてもうれしかった。文章を書くのは好きなのでこれからも作品づくりを頑張りたい」と笑顔で話した。

 入賞作品は今後、看板にして「教育の日」をPR。小中学校の部の作品は、学校の校門などに設置され、高校・一般の部の作品は市内各地で設置される予定。

 表彰されたのは次の皆さん。(敬称略)

 【小学校の部】最優秀賞=川満千晴(城辺6年)「学習は、未来へおくる、宝物」▽優秀賞=友利娃良(鏡原2年)「学校はね、ワクワクがたくさん! わたしのひみつきち」、宮国良歩(伊良部6年)「学校は、世界に旅立つ、準備の場」

 【中学校の部】最優秀賞=濱川藍羽(鏡原2年)「学習で、変わる力、見える将来」▽優秀賞=親川由佳(伊良部2年)「学ぶたび、君の将来、無限大」、鈴木東一朗(城辺1年)「つなげよう、学びのリレー、未来へと」

 【高校・一般の部】最優秀賞=与儀絵梨佳(宮高1年)「未来へと、歩む子供の、背中押す」▽優秀賞=岸本和子(一般)「毎日が、教育の日と、旗を振る」、佐和田滉(宮高2年)「育てよう、地域と親で、未来の子」


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!