08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
社会・全般
2010年5月24日(月)7:04

会場を包み込む歌声/7団体が個性豊かに

全体合唱、海のまほろばより「祈り」でフィナーレを飾った合唱祭=23日、マティダ市民劇場

全体合唱、海のまほろばより「祈り」でフィナーレを飾った合唱祭=23日、マティダ市民劇場

 第14回「合唱祭」(宮古合唱連盟主催、宮古島市教育委員会共催)が23日、マティダ市民劇場で開かれた。7団体230人が出演。童謡やポップス、クラシック、昭和の歌謡曲など幅広いジャンルの歌声で会場を包み込んだ。
 みやこ少年少女合唱団が「風よふけふけ」の元気な歌声で幕開けを飾ると、城辺女声コーラスすなかぎは「いい日旅立ち」など山口百恵のヒット曲をメドレーで聞かせた。
 
 ブーゲンビリアコーラスは「エール」を、宮古フロイデ合唱団は「ジュピター」のクラシック合唱曲を重厚に歌い上げ貫録を示した。
 
 キッチンは「おぼろ月夜」、女声コーラスホップは「かたつむり」などの童謡を優しい歌声で披露。ひらら女声コーラスきらきらは「東京の花売り娘」など懐かしい昭和のヒット曲をメドレーにして楽しませた。
 
 出演者全員で「宮古島市歌」と合唱組曲海のまほろばより「祈り」を合唱しフィナーレを飾ると大きな拍手が沸き起こった。
 
 会場には子どもからお年寄りまでが詰め掛け。出演者と一緒になって合唱を楽しむとともに、それぞれの年代に合った思い出の曲に浸っている様子だった。
 
 合唱祭は、コーラス団体が一堂に会し、相互の交流を図りながら宮古島の音楽文化の発展に寄与することを目的に毎年開催している。来年は15回目の節目を迎える。
 


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!