10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
政治・行政
2020年2月11日(火)8:56

急患搬送体制の強化要請/美ぎ島美しゃ市町村会

謝花喜一郎副知事(右から3人目)へ要請文を手渡す伊良皆光夫多良間村長(同5人目)と中山義隆石垣市長(同2人目)ら=10日、県庁

謝花喜一郎副知事(右から3人目)へ要請文を手渡す伊良皆光夫多良間村長(同5人目)と中山義隆石垣市長(同2人目)ら=10日、県庁

 【那覇支社】宮古・八重山地域の5市町村で構成する「美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会」の首長らは10日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、「先島地区における急患搬送体制の維持・強化」に向けた新ヘリポートの整備を求める要請書を手渡した。多良間村の伊良皆光夫村長らが参加した。

 多良間村や八重山圏域などからの急患搬送を受け入れている県立八重山病院では、これまで同病院に隣接するヘリポートと新石垣空港を併用して患者を受け入れてきた。

 しかし、石垣市で行われる市役所新庁舎建設や旧空港跡地区画整理事業のため、昨年12月からは今まで使ってきたヘリポートが利用できないようになり、搬送拠点が新石垣空港内海保石垣空港基地となった。このため、搬送に要する時間が増えて課題となっているという。

 謝花副知事は「これは石垣市だけの問題ではなく、隣接する竹富町、与那国、多良間村、宮古島市においても大変重要な課題だ」と述べた上で、「県として、しっかりとヘリポートの整備をすべきだと認識している」と述べ、県の責任で石垣市に新ヘリポートを整備する考えを示した。

 要請後、伊良皆村長は取材に対して「これまでも石垣海上保安部の航空基地のお世話になって多くの住民の命が助けられている。(ヘリポートの問題は)1分1秒を争う命に関わることなので、八重山病院の近い所に建設し、安心して搬送ができるようになることを期待している」と述べた。

 要請は、玉城デニー県知事宛て。同日、新里米吉県議会議長へも要請を行った。宮古島市区選出の亀濱玲子県議(社民、社大、結)らも同席し、県に対しさらなる離島振興の促進を求めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!