05/31
2024
Fri
旧暦:4月23日 友引 甲 
政治・行政
2020年2月11日(火)8:56

急患搬送体制の強化要請/美ぎ島美しゃ市町村会

謝花喜一郎副知事(右から3人目)へ要請文を手渡す伊良皆光夫多良間村長(同5人目)と中山義隆石垣市長(同2人目)ら=10日、県庁

謝花喜一郎副知事(右から3人目)へ要請文を手渡す伊良皆光夫多良間村長(同5人目)と中山義隆石垣市長(同2人目)ら=10日、県庁

 【那覇支社】宮古・八重山地域の5市町村で構成する「美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会」の首長らは10日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、「先島地区における急患搬送体制の維持・強化」に向けた新ヘリポートの整備を求める要請書を手渡した。多良間村の伊良皆光夫村長らが参加した。

 多良間村や八重山圏域などからの急患搬送を受け入れている県立八重山病院では、これまで同病院に隣接するヘリポートと新石垣空港を併用して患者を受け入れてきた。

 しかし、石垣市で行われる市役所新庁舎建設や旧空港跡地区画整理事業のため、昨年12月からは今まで使ってきたヘリポートが利用できないようになり、搬送拠点が新石垣空港内海保石垣空港基地となった。このため、搬送に要する時間が増えて課題となっているという。

 謝花副知事は「これは石垣市だけの問題ではなく、隣接する竹富町、与那国、多良間村、宮古島市においても大変重要な課題だ」と述べた上で、「県として、しっかりとヘリポートの整備をすべきだと認識している」と述べ、県の責任で石垣市に新ヘリポートを整備する考えを示した。

 要請後、伊良皆村長は取材に対して「これまでも石垣海上保安部の航空基地のお世話になって多くの住民の命が助けられている。(ヘリポートの問題は)1分1秒を争う命に関わることなので、八重山病院の近い所に建設し、安心して搬送ができるようになることを期待している」と述べた。

 要請は、玉城デニー県知事宛て。同日、新里米吉県議会議長へも要請を行った。宮古島市区選出の亀濱玲子県議(社民、社大、結)らも同席し、県に対しさらなる離島振興の促進を求めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!