06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2020年2月18日(火)8:54

【行雲流水】(一輪のバラ)

 『薔薇二曲』(北原白秋)。一、薔薇ノ木ニ薔薇ノ花咲ク。ナニゴトノ不思議ナケレド。二、薔薇ノ花。ナニゴトノ不思議ナケレド。照リ極マレバ木ヨリコボルル。光リコボルル

▼この詩は生命の不思議、生命の神秘に気づかせてくれる。作者の北原白秋は後に子どもたちに語っている。「バラの木にバラの花咲く。何も不思議じゃないよね。でも、それを当然だと思う人はおバカさん。ここはぜひ、びっくりしておこうよ。不思議でしょう? 神秘でしょう? そう思う気持ちからいろんな学問が生まれるんだよ」

▼薔薇といえば、リルケの詩に「一輪のバラはすべてのバラ」という美しい一行がある。一輪のバラはすべてのバラと生きている不思議を共有しているということか。辻邦生は「目の前の一輪のバラを愛することは、すべての生を生きることと同じだ」と、生きることに希望をみいだした。「一輪のバラはすべてのバラ/そしてまた一輪のバラ/この花なしにどうして語れよう/私たちの希望であるものを」(リルケ)

▼ロシアの天文、物理学者ガモフに不朽の名著『不思議の国のトムキンス』がある。主人公のトムキンスはもろもろの事象に不思議を感じ、夢で、時空の相対性や量子の不思議な世界などを探求していく

▼子どもの世界は不思議に満ちている。しかし大人になるにしたがってすべてが「当たり前」のことになってしまう

▼科学でも、芸術でも、その創造活動の根底に不思議に驚く感性があり、そこから知的好奇心が生まれる。子どもたちには不思議に驚く心を!(空)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!