10/02
2022
Sun
旧暦:9月7日 先負 戊 
社会・全般
2020年2月29日(土)8:59

「急すぎる」 「共働きどうなる」/新型肺炎臨時休校

保護者、困惑と不安/祖父母に協力も

 新型コロナウイルスの感染拡大で、政府が全国の小中高校などに臨時休業(休校)を要請し、市教育委員会が3月3日から13日間休校することを決定したことについて、保護者の間で困惑が広がっている。「安全のことを考えたら仕方ない」という反面、共働き夫婦からは「急すぎる」「子どもの面倒を見る人がいない」などと不安の声が上がった。

 小学生と幼稚園、保育園児の3人の子どもがいる30代女性は「共働きなので急に休校と言われても困る。面倒見る人がいないといって、子供たちだけで留守番させるのは心配」と動揺を隠せない様子。

 「上の子が下の子の面倒を見てくれるが、食事はどうすればいいのか。祖父母に預けるにしてもすぐに対応できるところばかりではない」と政府の対応に憤りを見せた。

 共働きをしている会社員女性(42)は小1と小5の子どもがいる。「宮古では新型コロナウイルスは出ていないのに急に休みというのはありなのか」と疑問を呈した。

 「子どもたちが楽しみにしていた春の遠足もなくなりそうなので残念。予防を考えたら仕方ないかもしれないけど急すぎる」と不満を漏らした。

 2人の小学生がいる女性(35)も困惑気味。「私は自営業だからよいが、会社勤めの親はどうやって生活していけばよいのだろうか。今のところ感染している人はいないのに」と休校措置に驚いた様子だった。

 小2、中1、高2の3人の子どもがいる会社員の男性(44)は「感染予防と子どもの安全のことを考えたら仕方ないと思う」と理解を示す一方、「どこに預けるかという問題が出てくる。当面は祖父母にお願いしたい」、共働きで事務職員の女性(44)は「午前中は夫が子供を見られるので、午後は実家に預けようかなと考えている。宮古に実家がない人は大変だと思う」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!