04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/cnet01/www/miyakomainichi/wp-content/themes/miyako-mainichi2021/single.php on line 90
社会・全般
2020年3月3日(火)8:54

【行雲流水】(優しい語り手)

 2018年ノーベル文学賞を受賞したポーランドの作家オルガ・トカルチュクの記念講演「優しい語り手」が公開された

▼あなたがまだ生まれていないから寂しかったの。あなたを恋しがっていたのよ」。「まだ生まれてないのに、どうして、私が恋しかったの」。母は答えた。「もし、誰かを恋しく思うなら、その誰かは、もういるのよ」―母は私が生まれる前から私をこの世に存在させてくれていた―

▼この会話の記憶が、話し手の一生を支えたという。豊かな感性と想像力をもち、思いやりと共感を体現する作者の原点である

▼作者は語る。知識を得ることは人類の進歩をもたらすと考えられてきた。しかし高度情報化社会のもたらしたものは、団結と普及と解放の代わりに、差別化と分断と、排他主義である。私たちは見逃している。世界が事物と出来事の集積になりつつあることを。生命のない空間になりつつあることを

▼私たちに必要なものは、私(一人称)やあなた(二人称)、彼(三人称)ではなく、四人称とも言える普遍的な優しさである。優しさは、関係するすべてに人格を与える技術、共感する技術である。それは世界を命ある、生きている、結び合い協力し合うものにする

▼現今の気候と政治の危機は、経済と社会と世界観による結果である。欲深さ、自然への敬意の欠如、エゴイズム、想像力の欠如、きりのない競争、責任感の欠如―こういったことが、世界を細かく切断し、使い捨て、破壊しうる、ただの物のレベルに引き下げている。(空)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!