04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
イベント
2020年3月10日(火)9:00

20日の海びらき、大幅縮小/新型コロナ影響

関係者のみで実施へ/安全祈願と宣言だけ


規模縮小での開催を発表する豊見山会長(中央)ら関係者=9日、宮古島観光協会

規模縮小での開催を発表する豊見山会長(中央)ら関係者=9日、宮古島観光協会

 2020年海族(かいぞく)まつり「第42回サンゴの楽園未来まで集まれ遊ぼう宮古島の海びらき」(主催・宮古島観光協会)が20日、与那覇前浜ビーチで開催される。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、規模を最小限にしての実施となり、関係者が安全祈願と海びらき宣言のみを行うこととなった。

 同協会の豊見山健児会長らが9日、会見を開き、イベントの概要を説明した。参加者は下地敏彦市長をはじめ、観光協会、海上保安庁、警察、消防の関係者のみとなる。

 豊見山会長は「新型コロナでホテル業界などが大変な状況。宮古島の海はもう泳げることをアピールするために開催するが、カンニガイを中心に行いたい」と述べた。

 海族まつり運営委員会の大嶺宣之委員長は「最近は新型コロナの暗いニュースばかりなので、宮古島の夏到来のニュースを提供しようと、例年より早く実施することになった」と開催の経緯を語った。

 同イベントは、東洋一の白い砂浜と透き通る美しい海を島内外にアピールし、海の安全祈願を行うことを目的に実施している。

 例年約2000人が参加し、宮古島の夏到来を告げる一大イベント。宝探しやウオータースライダーなど子供たちに大人気だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!