04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2020年3月17日(火)8:57

地域のニーズに対応/下地上地

たけあら保育園が開園


打出理事長(右から3人目)とスタッフら=16日、下地のたけあら保育園

打出理事長(右から3人目)とスタッフら=16日、下地のたけあら保育園

 下地上地にある医療法人下地診療所(打出啓二理事長)は16日、同所が運営する「たけあら保育園」の開園・祝賀会を行った。打出理事長やスタッフ、保護者ら約20が参加し盛大に祝った。4月から地域のニーズに対応する子育て支援が本格的にスタートする。


 たけあら保育園の「たけあら」は、その施設が建つ地域の地名をあやかって冠した。友利和江さんが4月から園長に就任する。友利園長を含めて保育士は計5人。定員は0~2歳児の18人。

 開園式で、打出理事長は「常に地域のニーズはどこにあるのかを考え、これまでグループホームやデイサービスなどの事業を展開している。地域の方に喜ばれる仕事が大事」と強調した。

 その上で「お母さんが園児を預けて安心して働けるようにしたい」と決意を新たにした。

 友利さんは「園児たちを温かく見守り、健やかに育てたい。この保育園に隣接して通所リハビリセンターがあるので世代間交流を行っていく」と気を引き締める。

 スタッフの自己紹介では、一人一人が決意を述べた上で、保育園の理念、目標、方針を披露した。

 この後、祝賀会が開かれ、和気あいあいと交流を深めた。
 問い合わせは、下地診療所(電話74・7878)へ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!