10/04
2022
Tue
旧暦:9月9日 大安 庚 
政治・行政
2020年3月24日(火)8:57

新型コロナ対策費を上程/県議会2月定例会

今年度補正予算案を可決


県議会2月定例会に提出された2019年度、20年度補正予算案に対して質問する亀濱玲子氏=23日、県議会議場

県議会2月定例会に提出された2019年度、20年度補正予算案に対して質問する亀濱玲子氏=23日、県議会議場

 【那覇支社】県議会(新里米吉議長)2月定例会で23日、新型コロナウイルスの感染拡大に対する経済対策費を盛り込んだ2019年度一般会計補正予算案(2億2800万円)、20年度同補正予算案(170億円)が上程された。質疑では、宮古島市区選出の亀濱玲子氏(社民、社大、結)ら7人が登壇し、県に対策の内容などをただした。

 亀濱氏に新型コロナウイルスの緊急対策に向けた決意を問われた玉城デニー知事は「外国からの航空機の減便、クルーズ船の寄港の減少等による観光客の減少などで、県内の社会経済に数々の影響が及んでいる」と述べた。

 その上で、「本県が抱える特殊事情を考慮の上で、国の緊急対策と連動し、県のとり得るあらゆる対策を迅速に切れ目なく進めていきたい」と述べた。

 亀濱氏が、農家などへの支援について質問したのに対しては、長嶺豊農林水産部長が「(価格下落分のうち一定割合について補償を行う)価格差補給金の交付や、県産牛乳や花卉(かき)類について、ラジオ放送で消費拡大のプロモーションを実施している」と説明した上で、「生産者団体と連携し、農林漁業者の経営安定に向け必要な対策を講じる」と強調した。

 また、照屋守之氏(沖縄・自民党)は補正予算の内容や背景などを質問。金城弘昌総務部長は「生活福祉金貸付事業であったり、県単融資の事業経費を計上している。併せて新型コロナウイルスの影響により収入の減少があった世帯や、県内中小企業の当面の資金需要に対応する必要性があることから、今回の補正予算を計上している」と説明した。

 県議会では、同日の本会議で、個人向けの支援事業費を盛り込んだ19年度一般会計補正予算案を全会一致で可決。20年度同補正予算案は、27日の最終本会議で可決する見通し。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月4日(火)8:57
8:57

海上舞台の設営はじまる/なりやまあやぐまつり実行委

9日開催に向け30人参加   なりやまあやぐまつり実行委員会(奥浜健会長)は3日、9日にインギャーマリンガーデン特設会場で行われる第15回の祭りに向けて海上舞台の設営を行った。3日間で準備を終える予定で、初日は午前中の作業に実行委員をはじめ、協力する…

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!